不審船を見に行く、2003

2003年、不審船が日本に負けた。
で、壊れてどうにもならなくなったものがお台場の船の科学館で公開。
この手のものに弱い私は同じ趣味の友人を誘い、早速不審船を見に行ってきた。

不審船のせいかどうか、船館は混んでいた。
この不審船にたどり着くまでは行列!
でも間近で見ると・・・
来て良かったかも。
北朝鮮に関する本はかなり読んでいる。
知識もニュースで見ているだけよりはあるはず。
でも現物をつきつけられる恐怖。
内部はぼろぼろ。
張り紙がありますよね?
そこが北朝鮮乗組員が服を突っ込んで
船の沈没を防いだ穴だということでした。
まあ、もう沈没してしまったあとですが。
かなりきちんとした銃も装備。
これじゃちょっとした調査が・・・なんて言い訳も
通じませんね〜・・・
なにかを攻撃しようとしたか攻撃される恐れが
ある場合にしかこんな装備しないでしょ。
穴だらけ・・・
どれほどの銃撃戦だったか。
こんな船が年中うろついていたのかな。
内側から、銃の穴に洋服を突っ込んだりして
精一杯頑張る、不審船。
塩にやられて錆び錆びな不審船。
ちょっと乗れたりもしました。
中に積んであったものは展示されていた。
日本製と韓国製がほとんど。
特に精密機器なんかは日本のものばかりでした。
偽装以外にも、やはり日本製はいいのかなあと
思うようなラインナップ。
とにかく不審船内部はぼろぼろ〜。
余程戦ったか、もともとだめなのか・・・
こんなにぼろぼろってありえないでしょう。
だって結構すぐに引き上げられたのに!!!
ここで必死に戦う気持ち・・・
分かりづらいけど内部。
本当にぼろぼろでした。
展示会場では北朝鮮製の積まれていたものを
公開していましたが、ちょっと・・・と悲しくなるほど。
ここでこの船を守らなくてはならなかった気持ち
守るしかなかった気持ち・・・。
早く世界に平和が訪れるといいですね〜。
そんなベタな感想でしめさせていただきます。

国別旅行記へ                         年表

英会話スクールの格安英語合宿