毎日旅暮らし。HOME  UCのお部屋TOP  徒然日記TOP

金曜日:3日め

相変わらずの低体温にて起床、再度計測をするも変わらず35度に達せず(゚ー゚;A
「寒くないですか?」と不思議そうに言われる、寒くありません・・・

週末は検査がストップするので、この日は胸部と腹部のCT撮影。
そしてツベルクリンの反応結果チェック。
弱陽性、ということでレミケードは適応らしい。

続いて眼科にて眼圧だの視力だのの検査。
こちらは全く問題なし。

後は全ての結果が総合で出るのを待つだけ。
おそらく日曜になる、とだけ言われる。

土曜日:4日め

やはり低体温で目覚める。
主治医を始めとした治療チームが現れ、早くも結果が出たと言う。
全体的には適応だけど、メガサイトウィルスの数値がやや高いそうだ。
最近日和見感染を起こした数値が出ていると言う。
健康な人は感染しないものが、免疫の低い人間なんかが感染するやつ。

なので副作用の可能性が高まるけど、レミケードに踏み切るか
感染症予防の治療をしてからレミケードをするか?と聞かれた。
でも予防の治療って2週間入院してやるのだそうだ・・・お医者さんも苦笑。
「前回も早期退院希望でしたよね」と仰るので素直に「はい、踏み切ってください」と答える。

主に出る副作用は高熱と感染症。
大体は打ってすぐに発熱や発疹などが現れるそう、その場合は緊急処置や中止。
遅延の場合はその日の夜、だるさや吐き気、めまいや高熱などだそう。
この日は対応できるチームの人が当直にいないので、日曜日にやることに決定。
うまくいけば月曜退院でいいよ、と言われ安堵。
当初の予定と言うか言われていたのは10日間だったので。

日中〜夜はやはり微熱気味。
入院前に外来で微熱続いていない?と聞かれていたけど、当たっていたのだなぁ。
風邪を引いたり治ったりをやけに繰り返して、だるかったので。
でも普通に暮らしていたのだけど。

   レミケード体験記C   UCのお部屋TOP

アクセス解析 レンタルCGI