毎日旅暮らし。HOME  UCのお部屋TOP  徒然日記TOP

レミケード治療体験記
2011年1月

レミケードwikipedia

今までクローン病や、リウマチなどの治療には使われてきたレミケード。
これが潰瘍性大腸炎にも適応になった、ということを聞いたのが2010年。

なにぶん、新薬ということで初回は入院での治療・・・というのが引っかかり
このまま免疫抑制剤を飲み続けるってのもありかなぁと、症状も落ち着いていたので
伸ばし伸ばしにしての年の暮れ。

病院サイドではいつでも私を受け入れる準備は出来ていると聞いて
つまりは症状的に「対象内」、データになる人間である、というわけだから
どこかでそのデータが役立つかも知れず、かつ私ももっと良くなるかも知れず。

「検査とレミケードの点滴時間以外は自由だよ」という言葉もそそられて。
「あの〜じゃ、調整したら仕事も行っていいんですか?」の問いに「いいよー」のお答え。
副作用が怖いけど、やるだけやってみるか!と日程調整に入った年末。
2011年1月、治療入院して参りました。
どんな検査をしたか、何を注意されたかなどのレミケード体験記です。

きっとこれから潰瘍性大腸炎でレミケードをやる方も増えていくと思うので
簡単ながら覚書のようにまとめておこうと思います。

   レミケード体験記A   UCのお部屋TOP

アクセス解析 レンタルCGI