1月9日

おはようございます、って荷物を片付けたら昼でしたが。
この日はチェックアウトなので、荷物をまとめなくてはならなかったのだ。
前回タイ航空でちょっと???な思いをしたので、しっかりリコンファームしちゃいました。
コンシェルジュに頼んだだけなんですけれども(笑)
発券後に変更をしたチケットだったもんで、不安だったのもあり。
荷物を預け、そしてごはんへ出発〜。

鹿鳴春
1F,42 Mody Rd.,Tsimshatsui

入り口が分かりづらい〜!
ダンナが本で見て、ここ!ここ!と言い張ったお店。
「あ〜聞いたことあるね〜」と探したけど、通り過ぎてしまった。
お土産やのようなところの中に入り口がある。
中にはゴージャスな看板。 苦手なんだ、これ・・・ 前菜盛り合わせ。
サンミゲルを注文。 蟹とフカヒレのスープ これは絶品・・・♪うま♪
ダンナの大好物。 北京ダックちゃん♪ 青梗菜炒め、うま♪
目の前で解体ショー♪
注文したのは、2人用のセット、600HK$(9000円くらい?)。
蟹かチキンとフカヒレのスープ/前菜盛り合わせ/北京ダック1羽のセット。
北京ダックは1羽、つまり上の写真は1人前でこれが2皿・・・多い・・・。
でもかなり平らげましたけれども。
税金からビールから合わせて、720HK$(11000円ってとこか)。
スタッフは親切、しかも全員明らかに仲良しなのだ。
で、みんな楽しそうに仕事をしている。
しかも、みんなが仕事を探している!なにか働きたくてたまんない!って感じ。
「あ!手が汚れたみたいだからおしぼりだそ〜っと」とか「やった〜北京ダックの注文だ!解体しよ〜っと」
「お茶が冷めたかもしれないから、取り替えようっと」とか、思っていそうな動き。
すっごく気分良く食事ができて、しかも美味しかった。
かなり我が家的に大ヒットとなりました。

前のページへ                               次のページへ